赤みが出来やすい乾燥肌の原因と対策

乾燥肌の方の中には、赤みができやすいという
お悩みを抱えている場合が多くあります。

 

乾燥肌の女性

 

乾燥肌というのは、角質の水分保有量が
減少している状態をさします。

 

 

お肌が乾燥してしまうと、潤いがなくなってしまうため、
柔軟性が失わがちになってしまいます。

 

 

乾燥肌になってしまう原因は幾つかあり、
加齢や体質の他は、気候なども関係してきます。

 

 

その他は、ビタミンAが不足している場合や、
栄養障害、腎不全の場合もおちいる可能性があります。

 

 

乾燥肌が原因の赤みというのは、皮膚が薄いため、
毛細血管が透けて見えてしまっている状態が考えられます。

 

 

これは、クーポローズスキンとも呼ばれています。

 

 

お肌の表皮というのは、一般的には0.2ミリメートルほどですが、
乾燥してしまって敏感になっているお肌というのは、
さらに表皮が薄くなってしまっている可能性があります。

 

 

そのため、角質層が正常につくられにくい状態になっています。

 

 

温度の変化などの他、紫外線やほこりなどの外部刺激が、
そのままお肌の真皮にまで伝わってしまう状態です。

 

 

この状態になると、毛細血管の収縮と、
拡張のバランスが崩れてしまう可能性が高まります。

 

 

毛細血管が拡張した状態が続くと、血の色が透けて見えてしまうため、
赤みにつながっていってしまうのです

 

 

この症状を改善するには、乾燥肌を改善することが大切です。

 

 

保湿が不十分な場合は、
アルガンオイルなどのオイルトリートメントも有効的です。

 

 

オイルを塗ったあとたっぷりと化粧水をつけ、
しっかりとクリームなどで保護をしてあげることが大切です。

 

乾燥肌が原因の目元の小じわ対策に使える化粧水は
次のページで紹介していますので、ご参考にしてください。

 

 乾燥肌の目元の小じわに効く化粧水ランキング

 

 

また、洗顔は過度にこすることをせずに、
沢山の泡でやさしく洗い流すことが大切です。

 

 

その他、ビタミンAの含まれている食品を
摂取することもオススメです。